【動画】FC町田ゼルビアが改名する理由や時期はいつ?撤回の可能性やサポーターミーティングの映像も!サポーターからの猛反発でいったん保留に



10月11日の『FC町田ゼルビア』のサポーターミーティングで、クラブ名を『FC町田トウキョウ』へ変更することを発表したサイバーエージェントの藤田晋オーナーが12日にブログを更新し、自身の見解を語りました。

FC町田ゼルビアが改名する理由や時期はいつ?

藤田氏は、町田という立地からマーケットを開こうとするなかで、周辺には強豪チームがひしめいていることを指摘。そこで考えた戦略が「東京にある町田を拠点に、マーケティングを展開する。世界に対しても東京というブランド力があるので、選手の獲得やブランディングで様々な利点があるので、東京というのをチーム名に入れる」ということをクラブ側に求めたという。

 さらに「スポンサーを獲得するにあたり、世界に打って出てくる東京の町田と言われると、かなりメジャーなスポンサーが入る可能性がある。一方で町田を限定的にすると、我々は町田だけを相手に商売をしているわけではない」とシビアな意見を投じつつ、「スポンサー企業はもっと大きなところを捉えたいので、そういう意味でもリブランディングして、町田全域であることが必要」と、上場企業の社長としての経営戦略も口にした。そしてシンプルな意見として「ゼルビアという名前は意外と覚えづらい」というのも改名理由の一つとなったようだ。

出典:Yahoo! ニュース

『FC町田ゼルビア』を改名する理由として、藤田氏はクラブの発展のために「東京」というブランド力を活かし、メジャーなスポンサーを獲得することなどビジネスとしての理由を語りました。

また、ゼルビアは覚えづらいという理由も改名の理由となっています。



新しいクラブ名は『FC町田トウキョウ』とすることが発表されましたが、これに対してサポーターからは「ダサい」「ゼルビアをなくさないで」と否定的な反応が続出する事態に。


後述の理由により改名については保留となっているため、現在のところ改名の時期は未定となっています。

サポーターミーティングの様子

こちらがサイバーエージェント公式Youtubeチャンネルで公開されているサポーターミーティングの動画です。

サポーターからの猛反発でいったん保留に

改名に対して「ゼルビアという名前が好きなんです」と涙ながらに反対を訴えた若いサポーターがいたことにも触れ、「昨日は、18歳のサポーターの言葉に心を動かされたこと、そしてここで決めるよりも第一回目の話合いの場にした方が良いと判断して、改名を保留としました」としている。

出典:ゲキサカ

「保留と言ってももう決まってるんでしょ?と思ってる方がほとんどだと思いますが、そうとは限りません。私は「頑固」と言われることもある経営者ですが、名称は絶対譲れないものではありません」と、あくまでも柔軟な姿勢であることを強調した。

出典:Yahoo! ニュース

藤田氏も「予想と大幅に上回るものでした」と語っているサポーターからの猛反発により、チーム名の改名についてはいったん「保留する」とのこと。

今後もサポーターミーティングで話し合いの場を設けるとしており、「ホームかアウェイの試合のあと、複数回行います」と話していて、改名の決定にはまだ猶予がありそうです。

また、「名称は絶対譲れないものではない」とチーム名の改名について譲歩する可能性も示しています。

みんなの反応は?



スポーツの最新記事