養老川の氾濫で現地の様子や冠水した地区(場所)はどこ?一宮川、高崎川も氾濫との情報も

  • 2019年10月25日
  • 2019年10月25日
  • 事件


10日25日午後2時15分、千葉県市原市は養老川で氾濫が発生したとして、流域の399世帯893人に対し、最大の警戒レベルとなるレベル5の災害発生情報を発令しました。

養老川のほかにも、支流である新堀川、神崎川、一宮川、高崎川で氾濫したという報道もあり、道路冠水や河川氾濫が相次いでいます。

養老川の氾濫による現地の様子

千葉県市原市や市原土木事務所によりますと、大雨によって養老川と神崎川が氾濫したということです。

市などによりますと、
▼養老川は市原市南総地区で、
▼神崎川は市原市の草刈地区で水があふれている
ということで、
市原市はただちに安全な場所に避難するなど命を守る最善の行動をとるよう呼びかけています。

出典:NHK NEWS WEB

市原市の発表では、養老川は南総地区で氾濫が発生しており、養老川の本流1ヵ所と支流1ヵ所の2ヵ所が氾濫しているということです。

市原市は南総地区に、大雨警戒レベルで最も高いレベル5の災害発生情報を発表しており、命を守る最善の行動を取るよう呼び掛けています。

養老川が冠水した場所は?

養老川は南総地区の国道409号線と国道297号線の交差する部分が冠水し、神崎川は草刈地区の橋の部分で川から水があふれているという。

出典:Yahoo! ニュース

一宮川、高崎川も氾濫したという情報も

千葉県茂原市によると、市内を流れる一宮川で氾濫が発生しているという。

千葉県佐倉市によると、市内の高岡付近で高崎川が氾濫しているという。

出典:Yahoo! ニュース

みんなの反応は?



事件の最新記事