米津玄師の紅白出場の可能性や追加アーティストの発表はいつになる?辞退しただけ?プロデューサーは「期待が高まれば出演交渉するかも」と含みも

今年の『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表されました。


複数の初出場のアーティストが発表され話題となっていますが、朝ドラ「なつぞら」の主題歌を担当したスピッツや、米津玄師さん、あいみょんなどの人気アーティストの名前がなかったことで落胆する声も見られました。

特に昨年サプライズで出場を果たした米津玄師さんは、今年もドラマ「ノーサイドゲーム」の主題歌「馬と鹿」などの話題曲もあり報道陣からは出演の可能性について質問が集中。

番組のチーフプロデューサーも出演の可能性に含みを持たせるなど、今後の追加発表が期待されています。

米津玄師の紅白出場の可能性や追加アーティストの発表は?

番組の加藤英明チーフ・プロデューサー(CP)は「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出だけを考えていた」と強調し、数の少なさも「今この時点で考えられるベストの布陣を敷いただけ」と説明。「これから1カ月半あるのであらゆる可能性を探っていきたい」とした。

出典:Yahoo! ニュース

今回発表された出場歌手は41組と今までで最も少ないということもあり、米津さんやスピッツなどの出場の可能性に記者の質問が集中しました。

番組の加藤英明チーフプロデューサーは「これから1カ月半あるのであらゆる可能性を探っていきたい」と話しており、追加アーティストの発表は十分期待できそうな感じです。


米津さんの紅白出場についても「皆さんの期待がより高まれば交渉させていただくこともあるかも」と出場の可能性をほのめかしています。

SNSを見ても、すでにかなり出場への期待は高まっていると思いますしぜひ交渉して欲しいですね。

米津について、加藤CPは「リストに載っていない、具体的なアーティストの方への交渉は発言は控えさせていただきたい」としつつ、「去年、あれだけインパクトのあるシーンを残していただいたので、皆さんに期待がより高まれば、出演交渉させていただくこともあるかもしれない。現時点では個別のアーティストに控えさせてください」と含みを持たせた。

出典:Yahoo! ニュース

米津玄師は紅白出場を辞退しただけ?

今年発売の米津玄師の楽曲

みんなの反応は?

エンタメの最新記事