Stadiaの価格と発売日はいつ?ローンチに日本がない理由はなぜ?日本へ発送できるかなども調べてみた



2019年6月7日(日本時間)、Googleの新しいゲームプラットフォーム『Stadia(ステイディア)』についての最新情報が発表され、サービス開始日や価格などが公開されました。

サービス開始は2019年11月となり、欧米を中心とした14ヵ国でのローンチとなり残念ですが日本は含まれていません。

今回はそんなStadiaについて、また日本でのサービスがない理由など調べてみました。

Stadiaの価格と発売日は?

気になる価格についてですが、Stadiaはネットワークを通してプレイするためゲーム機本体を購入する必要はありません。

そのため本体の発売日というものはなく、サービス開始日である11月からすぐに遊べるということになります(ソフトの購入は必要)。


同時に発表された月額プラン「Stadia Pro」は9.99ドル。
4K解像度、60fps、HDRに対応。5.1サラウンドサウンドでのプレイが楽しめるそう。

こちらの加入は必須ではなく、来年スタートする「Stadia Base」を利用することで月額無料でプレイできるようです。

ゲームは有料となるようなので、ゲームさえ買えば月額を支払わずにプレイすることも可能なようです。

本日よりプレオーダーが始まる「Stadia Founder’s Edition」では、Chromecast Ultra、Stadiaコントローラー、3ヶ月利用権、Destiny 2などが含まれ価格は129ドル。

ローンチで遊べるソフトは30タイトルほど用意され、「デスティニー2」に加えて「ディビジョン2」「トゥームレイダー」「ファイナルファンタジーXV」など人気ソフトがラインナップされています。


また、Stadiaの専用コントローラーも発売されますがプレイするためには必須ではなく、PS4などのコントローラーやマウスなどもサポートされるとのこと。

ゲーム機のコントローラーは地味に高いので、これはうれしいですね^ ^

ローンチ対象に日本が含まれない理由は?

Stadiaのローンチに日本が含まれていない理由についてネットではいろいろな意見がありますが、はっきりとした理由はまだわかっていません。

そもそも日本だけではなくローンチ対象は欧米のみとなっており、アジア全体がローンチ対象から外れているようです。

単にGoogleの販売戦略の問題なのかもしれませんね。

2020年以降に地域を拡大していくとのことで、今後の発表に期待したいところですね > <;

ネットで購入して日本に発送できる?

Stadiaは本体がないため、ネットで購入しても日本へ向けて発送する必要はありません。

「Stadia Founder’s Edition」にも含まれる専用コントローラーは今のところ日本に向けての発送はできないようですが、PS4などのコントローラーで代用できるためこちらも必須ではありませんね。

ただ、肝心の日本はローンチが未定のためプレイすることは出来なさそうです。

ネットの反応は?

まとめ

ということで、今回はGoogleのゲームプラットフォームStadiaの新情報についてまとめてみました。

今のところネットの反応も、日本でのサービス開始時期が未定ということを踏まえても微妙な反応が多い印象を受けました。

とはいえ、Googleが作るゲーム機ですから今後の動き次第でガラッと評価が変わることもあるでしょう。

日本でのサービス開始時期も気になります。

今後も続報が届き次第お伝えしたいと思います^ ^



エンタメの最新記事