ソラーテの退団はある?緊急帰阪の理由は?広島戦でモチベーションが上がらないと選手登録見送り



7月に加入した、阪神のヤンハービス・ソラーテ選手が、9月6日の広島戦出場のために一軍に合流したものの「モチベーションが上がらない」という理由で帰らせたと広報が説明したことで話題になっています。

首脳陣と話し合った結果の帰阪ということですが、いったい話し合いの場で何があったのでしょうか。

このまま退団もありえる?帰阪の理由は

ソラーテ選手は7月の1軍合流当初は猛打を振るいましたが、守備でミスを連発し8月に出場選手登録を抹消、2軍で調整中でした。


しかし、2軍ではオリックス戦まで5試合連続安打中で本塁打も打つなど調子が上向いており、今月5日には1軍への再昇格が決定。

6日に1軍に合流するため広島入りしましたが、今回の事態となってしまいそれも白紙に。


2軍降格後は「もう1軍には上がれないから」と傷心ぶりを口にしていたというソラーテ選手。

このまま退団もありえるのでしょうか。

球場で矢野燿大監督(50)と話し「モチベーションが上がらない」と直訴。グラウンドに姿を見せず、帰阪した。

出典:Yahoo! ニュース

帰阪の理由について球団側は、ソラーテ選手が「モチベーションが上がらない」と言ったため登録を見送ったと説明。

本人の状況についても「準備が出来ていなかった」とのことですが、1軍に合流するためユニホーム姿で広島入りまでしながら準備が出来ていなかったというのはちょっと疑問です。

ネットでは「話し合いの場で何かあったのでは?」という意見もいくつか見られました。

谷本球団本部長「代理人と話すことになる」

ソラーテの緊急帰阪について谷本球団本部長が試合前に取材に応じた。広島に呼びながら昇格見送りという異例の事態となったことについて「1軍で使える感じではない。不運な部分はあった。前々から分かっていればね。実際に本人を呼んで顔を見て話しをしたら、そういうことだった。不細工と言えば不細工だけどしょうがないですね」と意思の疎通がうまくいってなかったことを認めた。

 本人の状況には「メンタルダウンというわけではないんですけど。大事なところでベンチに入れておく感じではないという判断をしたことです」と説明。1軍で戦う「準備ができていなかったということ」とした。谷本本部長は話し合いの席には入ってないという。

 帰阪したソラーテの2軍再合流にも否定的な見解で「どうでしょうね。彼も代理人を挟んで契約をしているので、代理人と話すことになると思います。契約に基づいて」と話した。

出典:Yahoo! ニュース

阪神の谷本球団本部長は「不運な部分はあった」「実際に本人を呼んで顔を見て話しをしたらそういうことだった」と取材に対し答えていますが、ちょっとわかりにくい答えに思えますね。

退団については現在のところ話は出ていないようですが、ソラーテ選手の2軍合流も否定的ということで、退団の可能性はありそうに思えますね…。

ファンからは擁護の声も

みんなの反応は?



スポーツの最新記事