首里城の火災に対する政府や沖縄県や那覇市の対応は?被害の状況やネットの反応などまとめ

  • 2019年10月31日
  • 2019年10月31日
  • 事件


10月31日午前2時50分ごろに沖縄県の世界遺産「首里城」で火災が発生、那覇市消防局によると、これまでに正殿、北殿、南殿など6棟が燃え、約4200平方メートルが焼失したということです。

今月27日からは琉球王国の儀式を再現する「首里城祭」が開かれており、30日深夜まで関係者が準備を進めているところでした。

首里城の火災に対する沖縄県や那覇市の対応は?

31日未明に発生した首里城の火災を受け、那覇市は同日午前、会見を開いた。城間幹子市長は「県民にとって象徴的な世界遺産であり、観光業界にとっても財産だ。琉球の歴史を物語るシンボルを失ったという落胆の思い」と述べた。早期の再建を希望した上で「県主導で国にあおぎながら進んでいくのではないか。市も最大限の協力をする」と述べた。島袋弘樹消防局長は「消防設備が維持されていたのか確認し、どのように延焼拡大したのか検証する」とした。

出典:琉球新報

那覇市は災害掲載本部を設置し、公民館などに避難所を設けており警察が周辺住民を避難誘導したということです。

城間幹子市長は31日午前に会見を開き、再建については県主導で進むのではないかと語り、那覇市も最大限協力していくと述べました。


沖縄県の玉城デニー知事は31日午後に記者会見を行い、「必ず復元します。多くの皆様の力を貸していただきたい。全身全霊で取り組む」と語りました。

政府の対応はどうなる?

首里城全焼を受け、衛藤晟一沖縄担当相が報道各社の取材に応じ、首里城を再建する意向を示しています。

那覇市の首里城火災を受け、文化庁は31日、同庁調査官を現地に派遣する調整に入った。総務省消防庁などと連携し、出火原因や防火体制、消火設備の作動状況などを確認する予定だ。
 文化庁幹部は「4月に発生したパリの世界遺産ノートルダム寺院の大火災を受け、防火対策を進めていた中、大変ショックだ。原因を究明し、さらなる取り組みを急ぐ必要がある」と語った。

出典:共同通信

首里城や周辺地域の被害状況は?

現在のところ、首里城の関係施設以外の建物への延焼は確認されておらず、ケガ人もいないと報道されています。

消防車約40台が現場付近で消火活動を続けており、那覇署が火災の原因や詳しい被害を調査しているということです。

ネットの反応



事件の最新記事