【ラグビーワールドカップ】日本とスコットランドの試合に対する海外の反応まとめ!一時は中止の場合は法的措置も検討と発言しており辛辣な意見も?



ラグビーワールドカップのA組最終戦が10月13日に行われました。

日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初のベスト8入り、さらに4連勝という素晴らしい結果で首位通過となりました。

終盤にかけてのスコットランドの猛攻を含め、終始ドキドキする素晴らしい試合でしたね!


台風の影響により、昨日のスコットランド戦の開催は試合当日までわからない状態でしたが、13日朝に大会の組織委員会より開催決定の発表がありました。

台風の被害も大きい中での開催となりましたが、見事日本代表が勝利を見せてくれましたね。

海外メディアからも称賛の嵐が巻き起こっています。

日本とスコットランドの試合に対する海外メディアの反応

日本はこれまでスコットランドに対して1勝10敗の戦績となっており、ホームとはいえ試合前の予想では勝利は厳しいと見られていました。

対戦国であるスコットランドの地元紙も含め、世界中のメディアから日本の奮闘振りが称賛されています。

スコットランドのタウンゼンド監督も「我々にもチャンスはあったが、日本が素晴らしいペースで試合を進めた」と日本を称賛するコメントを行っています。

英紙ガーディアンは「日本ほどラグビーW杯に火をつけたチームはない。スポーツ全体にとって、また一つ感動的な結果が生まれた」と日本をたたえた。

出典:Yahoo! ニュース

「日本のことを“上から目線で”ティア2というレッテルを貼っていた人々も今日を境にいなくなるだろう。アイルランド戦(9/28)のように、日本は時にスコットランドを圧倒し、4トライ以上の価値を見せた」

出典:Yahoo! ニュース

英BBCでは、スコットランドのスポーツ担当記者が試合の行われた横浜から文字中継。日本の戦いぶりを「機敏さを伴った正確性は驚くべきものだった。スコットランドが犯したどんなミスもすべて食い尽くした。日本は容赦なく、そして見事だった」と総括した。

出典:Yahoo! ニュース

ニュージーランドのニュースサイト「スタッフNZ」は、「日本がホスト国の勇気を保持し、ラグビーW杯8強の座を獲得」との見出しを取り、日本の勝利を伝えた。
「自然の暴力(台風19号)が土曜日、日本のラグビーW杯を襲った。だが、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが率いる、光り輝き、猛々しいブレイブブロッサムズは、ラグビー史上最も重要な勝利を収め、8強の座をつかむという消し去ることのできない歴史的出来事を刻んだ」とし、絶賛した。

出典:Yahoo! ニュース

米紙「ワシントン・ポスト」は「輝けるブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)が準決勝に進出」とレポートする一方、本場ニュージーランドメディア「スタッフ」は「日本―スコットランド、ホスト国が勇気を示し、ラグビーW杯の8今日の座を確保する」と速報した。
記事では「なんたる伝説だ。驚くべきグループ最終戦では大会のホスト国が横浜国際競技場の7万人以上の熱狂的な観衆の前でスコットランドを28-21で失神させた」と日本の勝利を評価した。

出典:THE ANSWER

スコットランドのタブロイド紙「デーリーレコード」は13日、電子版で日本-スコットランドの模様を報道。
「ホスト国の日本に、タウンゼンド監督率いるスコットランドはW杯から転げ落ちさせられた」と題し、「台風19号ハギビスが与えた痛みを日本が振り払うかのように、タウンゼンド監督のスコットランドを吹き飛ばした。日本は、試合が進むにつれて、どんどんパワーや闘志を見せていった」と報道した。

出典:Yahoo! ニュース

スコットランドは試合が中止の場合法的措置も検討するとしていた

https://twitter.com/hiyoko_taisa/status/1183367039974395904

みんなの反応は?

https://twitter.com/mym104mc510/status/1183364722105581568


スポーツの最新記事