大戸屋が赤字となった原因は?やよい軒より高いから?ランチ復活も客離れは止まらず



定食チェーンの「大戸屋」が、今年4月から9月までの中間決算で営業損益が赤字になる見通しだと発表し話題となっています。

大戸屋が赤字となるのは平成13年に東証1部に上場して以来初めてということで、深刻な事態となっています。

大戸屋が赤字となった原因は?

業績悪化の理由について会社は消費税率の引き上げを見据えてことし4月に栄養バランスを重視したメニューに改定し、事実上値上げした結果、利用客が想定を下回ったことが大きかったとしています。

また、人気商品だった生のサンマの炭火焼き定食がサンマの不漁で販売できなかったことや、9月の台風15号の影響で一部の店舗で営業時間の短縮を余儀なくされたこと、さらに香港でのデモが長期化したことで現地の売り上げが振るわなかったことも業績悪化の要因となったとしています。

大戸屋は、ことし2月にアルバイト従業員が不適切な動画をネットに投稿した問題をきっかけに利用客が減少し、この問題が発覚して以降、毎月の売り上げが前の年の同じ月を下回る状況が続いています。

出典:NHK NEWS WEB

大戸屋は赤字となった原因として、値上げによる利用客の低下が大きかったとしています。

ほかにも、人気のサンマの炭火焼き定食の販売が遅れたこと、今年2月のアルバイト従業員による不適切な動画のネット投稿なども理由となっているようです。


ネットではそれらの要因に加えて、4月に実施したグランドメニューの改定で人気だった「大戸屋ランチ」がなくなったことも理由ではないかという声も。

この「大戸屋ランチ」は10月1日に行われたグランドメニューの改定で復活していますが、以前の価格である720円(税込)から70円高い、790円(税込)となっています。

客離れの原因はやよい軒より高いから?

ネットの声を見る限り、おなじく大手定食チェーンの「やよい軒」に比べて価格の高さとごはんお替り自由の有無によって、やよい軒の方が上という意見が多く見られました。

みんなの反応は?