【動画】組み体操の人間起こし(トラストフォール)とはどんな技?全国の運動会で事故が多発していると話題に!専門家も「非常に危険」とコメント

  • 2019年11月20日
  • 2019年11月20日
  • 話題

学校の運動会などで行われている組み体操で、現在ピラミッドに代わって行われることが多くなっているという「人間起こし」と呼ばれる技。

この技が危険ではないかと注目を集めています。

実際にかなりの数の事故も起きており、専門家は非常に危険な技で控えるべきと話しており、ネットでも話題になっています。

組み体操の人間起こしとはどういう技?

別名トラストフォールとも呼ばれる組み体操の技「人間起こし」。

技の名前を聞いただけではピンと来ませんが、動画を見るとよくわかります。

Youtubeに動画が投稿されていましたのでご紹介します。


この技は、子供たち数人で作った土台の上に1人の子供を乗せ、起き上がらせたり、後ろに倒れさせたりする技。

ちょっと見ただけでも上に立つ子供が危険であることがわかると思います。

専門家も「非常に危険」とコメント

この人間起こしという組み体操の技では、去年までの3年間に全国で145件の事故が起きていることが分かっているそうです。

兵庫県が30件と最も多くなっており、大阪府が18件、埼玉県が13件、愛知県が12件と続いています。


事故のうち6割が上に乗る子供がケガしているということで、脳震盪や頭部の打撲など、頭から落下したと見られるケースが多いということです。

これだけ事故が起きていて、なぜやらなければならないのか本当に理解できませんね。


この件について分析した大阪経済大学の西山豊名誉教授は「アクロバティックな技で非常に危険」と警鐘を鳴らしています。

西山名誉教授は、ピラミッドやタワーなどの代わりとして、見栄えのよい「人間起こし」を行う学校が増えているとしたうえで、「アクロバティックな技で非常に危険だ。重大なけがにつながるおそれがあるので、実施は控えるべきだ」と話しています。

出典:NHK NEWS WEB

みんなの反応は?