成宮寛貴の俳優活動再開はデマ?週刊誌が報じるも脚本家がTwitterで「このフェイクニュースは看過できない」と否定※追記あり



芸能界を引退した成宮寛貴さん(37)が、テレビ朝日系の人気ドラマ『相棒』で芸能界に復帰することが決まったとネットニュースや週刊誌が報じました。

しかし、その後相棒シリーズの脚本も務めた脚本家の輿水泰弘さんが、Twitterでこの報道を否定。

ネットでは困惑の声で溢れています。

※追記
10月2日に成宮さん本人がTwitterで復帰の報道を否定されました。

脚本家の輿水泰弘さんが「フェイクニュース」と発言※追記あり

成宮寛貴さんの俳優活動再開の報道がYahoo! ニュースに掲載されると、Twitterでも大きく話題になり、トレンドに。

 成宮の『相棒』復帰を後押ししたのは、ほかならぬ水谷だという。
「成宮さんがシーズン13で『相棒』を卒業したのは、『甲斐が罪を犯して懲戒免職になる』というストーリー展開によるものでした。あまりに衝撃的な内容から“水谷さんに嫌われて、番組を追放されたのではないか”などという憶測も飛び交いました。
 しかし、水谷さんはむしろ『ファミリー』を大切にするかた。『相棒』共演者のことは特に気にかけ、成宮さんのことも騒動後、ずっと心配していたそうです。水谷さんの働きかけもあって、11月か12月の放送回での復帰が決まったようです」(前出・芸能関係者)

出典:Yahoo! ニュース

記事の中ではこのように書かれており、「芸能関係者」の話として、復帰には水谷豊さんの働きかけがあったとされています。


ですが、相棒シリーズの脚本家も務めた脚本家の輿水泰弘さんは、自身のTwitterでこの報道を否定。

ニュース記事を引用し「このフェイクニュースは看過できない」とツイートしました。


報道の翌日、成宮さん本人がTwitterにて「フェイクニュースです」と報道を否定。

俳優活動再開はフェイクニュースであることが確実となりました。

復帰報道にTwitterでは喜びの声が続出していた

みんなの反応は?