マイトレードのサービス終了と有料プランの新規受付終了の日程はいつ?代わり(代替)となるアプリや終了の理由についても

2019年11月15日、株式会社テコテックが運営する投資管理サービス「マイトレード」がサービス終了となることがわかりました。

突然の発表に、利用しているユーザーからは「残念」「困る」といった声が出ています。

マイトレードのサービス終了と有料プランの新規受付終了はいつ?

マイトレードのサービス終了の日程は、2020年1月9日(木)の16時となっています。

詳しい内容は下記の公式サイトにて確認できます。

投資管理サービス『マイトレード』のサービス終了について
投資管理アプリ『マイトレード(myTrade)』

また、有料プランについては2019年11月27日(水)の16時まではFreeプランからの変更が可能となっています。

代替となるサービスが見つかるまでは、有料プランに登録しておくのも選択肢のひとつかもしれません。


現在有料プランに登録している方はサービス終了時に自動解約となり、自身での解約手続きは必要ないとのことです。


なお、アカウントの新規登録はサービス終了の2020年1月9日まで行うことが出来ます。

有料プランへのお申し込みは停止させていただきますが、2019年11月27日(水)午後4時の時点で有料プランをご利用いただいているお客さまは、サービス終了日まで引き続き有料プランをご利用いただけます。

出典:投資管理アプリ『マイトレード(myTrade)』

マイトレードの代替サービスは?

評判も良く利用者も多かったサービスだけに、なくなって困るという声も多く出ています。

マイトレードの代わりとなるサービスやアプリはあるのでしょうか。


TwitterではShareなどの代替サービスを挙げている方もいますが、いろいろ試してみるしかないようです。

マイトレードがサービス終了する理由は?

マイトレードはサービス終了に関するQ&Aの中で、終了の理由について下記のように説明しています。

「現在の事業状況を踏まえて」としか書かれておらず、詳しい理由は説明されていません。

「個人投資家を強くする」をモットーに自動でトレードを記録・分析する自己管理サービスの提供を行ってまいりましたが、
現在の事業状況を踏まえまして、サービス終了となりました。
これまで多くのお客様のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

出典:投資管理アプリ『マイトレード(myTrade)』

みんなの反応は?