MENU

カイジ ファイナルゲームが「クソ映画」と話題に!低評価の理由や見た人の感想は?

2020 1/16

映画「カイジ」シリーズの最終章となる「カイジ ファイナルゲーム」が1月10日より公開されています。

今作はシリーズ最終章であることと同時に、原作者である福本伸行さんによるオリジナルストーリーであることもあり、期待が高まっていました。


しかし、見た人の意見では「面白くなかった」「クソ映画」「シリーズ最低」などと酷評が目立つ結果になっています。

1作目、2作目ともに高評価となっていた「カイジ」の最終作はなぜ低評価となっているのでしょうか。

ネットの声をまとめました。

見た人の感想でも酷評が目立つ

Yahoo! 映画でも評価は低い点数に

Yahoo! 映画では1月16日現在での評価は2.89と低めの評価になっています。

今作は2020年の東京オリンピック後の日本が舞台となっており、感想の中にはメッセージ性が強い作品となっているため、これまでとは別物に感じたという意見も見られました。

出典:Yahoo! 映画

「クソ映画ではない」という意見も