香川真司が坊主にした理由は!?サラゴサの入団会見では昇格への意気込みも!Twitterでは長友やデヘアも反応



関連記事

日本代表の香川真司選手がスペインの2部、2年契約で「レアル・サラゴサ」への移籍が決まったことが発表されました!2部とはいえ、香川選手がかねてよりプレーを希望していたスペインということで、念願が叶ったという感じでしょうか。今回は香川選手が移[…]

先日、スペイン2部レアル・サラゴサに加入することがわかった日本代表MF香川真司選手(30)。

現地サラゴサで入団会見を行った香川選手ですが、スペインで心機一転の姿を公開し話題になっています。

バッサリと髪をカットして、ほとんど坊主の髪型となった香川選手に、ネットでは「かっこいい」「似合う」「アザールみたい」といった声が多く好評の模様。


今回は香川選手の新たな髪型についてネットの反応などをまとめてみました!

香川真司が坊主にした理由は!?

突然の坊主姿にネットでは「なんで?」「なにがあったの!?」と困惑する人が続出。

なにか理由があるのか?決意の表れ?と思いきや、香川選手は「暑かったので。(笑い)特に意味はないですよ」と特別な理由は特にないと語っています。


スッキリしていて気分一新といった感じで、新天地での挑戦にはぴったりといった感じですね(^ ^)

また、レアル・サラゴサの公式Twitterではスペイン語でのメッセージを撮影した動画が公開されています。

https://twitter.com/RealZaragoza/status/1161011983703007237

入団会見では昇格への意気込みも

「モチベーション、気持ちが大事。2部ですけど、すべてを楽しんで、必ず昇格させたい」と1部昇格に懸ける思いを繰り返し語った。

 今季スペイン2部はMF柴崎岳(デポルティボ)、FW岡崎慎司(マラガ)と日本代表3選手がプレーすることになり「対戦が非常に楽しみ。彼らがいるのはモチベーションになる。(順位は)上に立って昇格を決めたい」と笑顔。「3人がそれぞれのチームで活躍することが日本人、アジア人選手の可能性を見せることになる」とスペインで日本人選手の価値を上げることも目標だという。

 「14年はマンチェスターUで、18年はドルトムントでW杯に出た。22年はここからW杯に出るのが長期的なプラン。サラゴサがベストな場所」とスペイン2部から1部昇格を果たし、さらに3年後のW杯カタール大会を目指すというビジョンを示した。

出典:Yahoo! ニュース

8月13日のサラゴサ市内での入団会見ではスペインリーグへの想いと、現在2部であるチームを必ず昇格させたいと語りました。

果たしてクラブでは8季振りとなる1部昇格はなるか、ぜひ期待したいところ。

これまで以上に香川選手の活躍を願い、全力で応援したいですね。


現在30歳の香川選手。
会見では3年後のワールドカップへの出場も見据えたコメントもしています。

3年後は33歳と十分出場を狙える年齢ですし、新天地で活躍しぜひカタールでも香川選手の姿を見たいですね!

Twitterで長友やデヘアも反応

香川選手が自身のTwitterに投稿した写真に「Muy guapo hermano(とてもハンサムだよ弟)」と長友選手が反応。

元チームメイトでもあるマンチェスターユナイテッドのGK、ダビド・デ・ヘアもリプライを送っています。

みんなの反応は?



スポーツの最新記事