奥泉和也が出演した情熱大陸の見逃し配信と動画や内容は?クラゲ水族館(加茂水族館)の場所やアクセスも



2019年7月14日に放送された情熱大陸は「世界一のクラゲ水族館館長」と称される奥泉和也さんが出演されました。

歴史ある施設である加茂水族館ですが、一時は廃館の危機にあったそう。

その危機を救ったのが奥泉さんであり、現在では展示数日本一となりギネスにも認定されており、世界的にも名前が知られる存在となっています。

今回はそんな奥泉さんが出演された情熱大陸の見逃し配信の情報や、加茂水族館へのアクセス方法などをまとめてみました!

奥泉和也が出演した情熱大陸の見逃し配信や内容は?

奥泉和也さんが出演された情熱大陸の見逃し配信と番組内容はこちらになります。

いずれも無料で視聴可能ですが、各サイトとも視聴期限は2019年7月28日22:59までとなっていますので、気になる方は早めの視聴をおすすめします!


情熱大陸 #1061「クラゲ水族館 館長・奥泉和也」(MBS動画イズム)

情熱大陸 #1061「クラゲ水族館 館長・奥泉和也」(TVer)

情熱大陸 #1061「クラゲ水族館 館長・奥泉和也」2019年7月14日放送分(GYAO!)

 世界中の飼育員が山形に住む一人の男性を訪ねて教えを請う奥泉和也がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、7月14日午後11時15分~)に登場。情報交換がクラゲ飼育の発展に欠かせないという彼は、惜しげも無く知識の全てを伝える。

 学問として専門にクラゲを学んだことがない奥泉の強みは、常識にとらわれず実験を繰り返し、飼育方法を見つけていくこと。思いついたらすぐやってみる、失敗してもまた方法を考えるという行動力。そして、時間を見つけては、目の前の海に船でクラゲを採集に出かけるバイタリティー。

 番組では、世界一の飼育量を誇る60種~70種のクラゲの飼育をするために重要なバックヤードでの試行錯誤の努力とクラゲの採集に迫る。目の前の庄内の海での採集は、海水が暖かくなる5月から始まる。今年はどんなクラゲが獲れるのか。さらに、北大西洋の海へ、まだ見ぬクラゲを獲りに行く。

 世界の水族館が注目する奥泉の“クラゲライフ”を追う。

出典:毎日新聞

加茂水族館の場所とアクセス

今回、情熱大陸に出演した奥泉和也さんが館長を務める、「クラゲ博物館」こと「鶴岡市立加茂水族館」の場所やアクセス方法です。


住所:〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
電話番号: 0235-33-3036
営業時間:9:00~17:00(夏休みは 9:00~17:30)
入館料:1000円(小中学生は500円)

アクセス
電車の場合:JR東京駅~JR鶴岡駅・・・約4時間
車の場合:東京都から約480km・約6時間30分(有料道路優先)
     山形市から約100km・約2時間(有料道路優先)
     鶴岡ICより約15分
バス: JR鶴岡駅より、庄内交通路線バス「湯野浜温泉行き(加茂経由)」で約30~35分。「加茂水族館」下車すぐ。


ややアクセスはしにくいのですが、空港やJR鶴岡駅からタクシーを使うとスムーズに向かうことができるようです。

ですが、山形県で唯一の水族館ということで非常に人気のある場所となっており、行く価値は十分にあると思います(^ ^)

加茂水族館は昭和5年に設立された山形県水族館を前身としており、非常に歴史のある施設で、2016年には現在の上皇陛下も訪問されているそうですよ。

みんなの反応は?

https://twitter.com/StrawberryPage/status/1150415442017570818
https://twitter.com/todaron200406/status/1150415472199757824