【動画】報道ステーション(報ステ)の切り取りと印象操作の問題でテレ朝の報道局長が謝罪!世耕議員は「放送を見て謝罪を受け入れるか判断」とコメント

12月10日に放送されたテレビ朝日の『報道ステーション』で、情報の切り取りによる印象操作と見られる内容があったことに、批判の声が集まっています。


問題となっているのは「桜を見る会」をめぐる場面で、自民党の世耕弘成議員は自身のTwitterで「今夜の報道ステーションの切り取りは酷い」「印象操作」と強く非難し、この件について注目が集まっていました。

テレビ朝日の報道局長が謝罪

仮に世耕幹事長の主張が事実だとすれば、『報道ステーション』は政権批判を行うため、記者会見を不正に編集し、流したことになる。ネットユーザーからは「これは放送倫理違反なのではないか」「放送法違反だ」という指摘が挙がっている状況だ。

このような声を受けた『報道ステーション』が無視を決め込むのか、国民にしっかりと説明をするのか。対応が注目される。

出典:リアルライブ

こうした状況の中、報道ステーション側の対応に注目が集まっていましたが、11日夜に投稿された世耕議員のツイートで、テレビ朝日の報道局長が謝罪に訪れたことがわかりました。

世耕議員のツイートによれば、テレビ朝日側が「会見終了後の映像の使用」「切り取りを行ったこと」を認めたように受け取れます。


また、報道ステーション側は11日に放送予定の番組内で何らかの対応を行うとしており、世耕議員は「放送内容を見て、謝罪を受け入れるか判断します」とコメントしています。

世耕議員が投稿した問題の場面の動画

みんなの反応は?