星野直樹容疑者の顔画像や職業は?羽田空港で白タク行為を繰り返し逮捕!白タクが減らない理由は?



2019年7月5日、羽田空港などで「白タク」行為を繰り返していたとして、会社役員の星野直樹容疑者(33)と中国人の張憶容疑者(23)の2人が逮捕されました。

星野直樹容疑者と張憶容疑者は昨年12月頃から白タク行為を行っており、中国などの旅行会社から手配された外国人観光客を、東京都内や東京ディズニーランドなどへ送迎していたとのことです。

星野直樹容疑者の顔画像や職業は?

出典:ANN NEWS

星野直樹容疑者は会社役員ということですが、会社についての詳しい情報は現在のところありませんでした。

警察の取り調べに対しては2人とも容疑を認めており「タクシー業者として正規の申請をすると費用がかかるため、無許可でやった」と語っているそうです。


一方、共犯である張憶容疑者ですが報道に映っている姿を見る限り、反省の色は見られないようですね…。

出典:ANN NEWS

増え続ける白タク。減らない理由は?

取り締まり不可能? 非合法な白タクが増加の一途をたどる理由(WEB CARTOP)


羽田空港だけではなく国内でも観光地を中心に問題となっている白タク。

今回のように逮捕されるケースもありながら、なぜ減らないのでしょうか。

メインターゲットの中国人からすれば、日本の正規タクシーより、中国語が話せるドライバーで予約も簡単という意味で、重宝している面がある。

もちろん、白タクは違法行為なのだが、金銭授受の現場を抑えることはできないし、「トモダチを迎えにきた」と言われてしまうと、警察も取り締まりようがない……。

費用は、正規のタクシーより高額なケースが多いようだが、単独ではなく複数で来日した外国人だとひとりあたりの負担はそれほど大きくはない。

中国では、大手旅行代理店のサイトからも、これらの白タクが予約できるようになっていて、需要はまだまだ増えそうだ。

出典:WEB CARTOP

白タクは現場を抑えることが難しい上に、主な顧客である中国人観光客からしても、日本のタクシーよりも中国語で意思の疎通が取れる白タクが選ばれてしまうという問題もあるようです。

中国では大手旅行代理店のサイトで白タクが予約できる、というのも初めて知りましたが、日本では違法の白タクが堂々と予約できるというのはどうかと思いますし、中国側でも対応して欲しいものですね。


また、海外ではUBERやGRABなどのサービスが普及しており、日本でも東京オリンピックに向けて「白タク」行為が一部解禁されるかもしれないそうです。

一方、アメリカなどではウーバー(UBER)などのライドシェアサービスが広がっており、国内でも今年に入り政府から「自家用車を用いた有償での旅客運送は、現在の制度を利用しやすくするための見直しが必要」という声も出ている。これから東京オリンピックに向けて有償運送業務ができる制度が拡大され、白タクが条件付きで一部解禁される兆しはある。

出典:WEB CARTOP

みんなの反応は?

おとり捜査で一斉摘発して中国の旅行会社を国際手配した方が良いんじゃない
しっかり罰金を取れば一斉摘発に掛かった費用は捻出できるしね
関空も中華系白タクわんさかいるのに、なぜ取り締まらない?
経営者は日本人だよ、中国人を責める前にまず反省するのでは?