平成最高のゲームはクロノトリガー!クロノクロスは?みんなの反応も調べてみた



“週刊ファミ通”が実施した『平成のゲーム 最高の1本』というアンケートで、読者が選んだ平成最高のゲームが発表され話題になっています。
投票数は7158人、1位はその内の230票を獲得した『クロノ・トリガー』が選ばれました。

平成のゲーム 最高の1本 – TOP3 –

ファミ通.comにて2019年4月3日~8日の間実施されたアンケートの結果

クロノ・トリガー

1995年(平成7年)にスクウェア・エニックス(当時はスクウェア)から発売された『クロノ・トリガー』。
ドラゴンクエストの堀井雄二さん、ファイナルファンタジーの坂口博信さん、ドラゴンボールの鳥山明さんという超豪華なメンバーが関わったこの作品は発売当時もかなり話題になりました。

ストーリー、音楽、ゲーム性すべてが高い評価を得ており1位に選ばれるのも納得といった感じですね。

iPhoneアプリやsteamでも配信されており気軽にプレイできるので、未プレイの方はこの機会にぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

2017年(平成29年) に任天堂から発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。

シリーズ初のオープンワールドとして発売されたことや、ニンテンドースイッチ初の大型RPGということでも注目されました。
なにより海外も含めプレイしたユーザーからの評価も非常に高く、幅広い年代や男女問わず高い完成度で表現された世界に魅了されました。

僕はまだプレイしたことがないのですが、今年中には遊んでみたいと思います!

NieR:Automata(ニーア・オートマタ)

こちらも上記と同じく2017年(平成29年)にスクウェア・エニックスから発売されたオープンワールドのアクションRPG『ニーア・オートマタ』。

『ドラッグオンドラグーン』やスマートフォンアプリ『シノアリス』でも人気のヨコオタロウさんがディレクターとして制作していることでも人気の理由となっています。

独特の世界観で描かれるストーリーに没頭するプレイヤーが続出した作品となっています。
現在はDLCを含めたいわゆる完全版がお手頃な価格で販売されているので、こちらも未プレイの方はぜひ遊んでみてはいかがでしょうか?

続編であるクロノクロスは?

ストーリーがやや難解で仲間の数も非常に多いことなどから賛否もあった、クロノ・トリガーの続編『クロノクロス』
こちらはTOP3には入っていませんでしたが、音楽は総合的な評価は非常に高いので4位以下のランキングには入っているかもしれませんね。

僕としてもとても心に残っている大好きなゲームなので、ランキングに入っていると嬉しいです。

https://twitter.com/yutakakn/status/1120288100410769409

まとめ

今回は7000人以上の方の投票から230票を獲得してクロノ・トリガーが1位となりましたが、ファミ通の読者層や投票期間などもあり異論のある方もいるかもしれません。
ですが、名作であることは誰もが認めるところだと思います。

また、Webでは3位までしか発表されていませんが週刊ファミ通の紙面では20位まで掲載されているそうです。
更に詳しい結果を知りたい方は、4月25日に発売の『週刊ファミ通 5月16日増刊号』をチェックしてみましょう。


個人的にはPS2で発売されたシャドウハーツ2というRPGが一番好きなゲームなのですが、ややマイナーなのでランキングに入っているのか気になります…。

この結果を踏まえて、Twitterではゲームファンや当時の開発者の方々などが様々な思いをツイートしています。
このアンケートを機にプレイする方もいると思いますし、平成の最後にふさわしい良い企画だと思います(^ ^)



エンタメの最新記事