【画像】ハードロックカフェの京都店の内装(内観)や限定メニューがすごい!場所やアクセス、グッズの通販についても



2019年7月12日にハードロックカフェが京都にオープンします。

ハードロックカフェ京都店のある祇園白川は伝統的建造物群保存地区に指定されているため、和洋折衷というよりもかなり和を意識した作りになっています。

こちらがお店の外観です。

まさに日本の町屋といった作りで、日本人はもちろん外国人観光客にも注目される名物スポットになりそうです。

店舗では本場アメリカ料理の他、京都店ならではの伝統的な和食の要素を加えたローカルメニューも用意されておりこちらも注目です。

外観だけでなく内装も和風で作られており、今回はこのハードロックカフェ京都店の内装や

ハードロックカフェ京都店の内装がすごい!

町屋風の外観だけでなく、内装も必見。

京都らしさを感じられる落ち着いたデザインとなっており、写真を見るだけでもそのこだわりが随所に感じられます。


この空間でハードロックカフェの音楽が流れることを想像すると、ぜひ実際に訪れてみたくなりますよね。

店内にはテイラー・スウィフトの衣装やボン・ジョヴィの元ギターであるリッチー・サンボラのサイン入りギターも展示されるそうです。

出典:ハードロックカフェ公式サイト

限定メニューはどんなものがある?価格は?

こちらが京都店の限定メニューと価格になります。

ハードロックカフェ特製のバーガーに味噌わさびソースを効かせた「味噌わさびバーガー(2,180円)」。

焼き鳥風の鶏肉にグリルした九条ねぎを添えた「焼き鳥ウィング(1,280円)」。

色鮮やかな京野菜と漬物に特製のワカモレを使った「ベジタブルロール(1,380円)」。

京都の水で作った「レインドロップケーキ アイスクリーム添え(980円)」など、どれもおいしそうです(^ ^)

味噌わさびバーガー / 2,180円

ベジタブルロール / 1,380円

焼き鳥ウィング / 1,280円

レインドロップケーキアイスクリーム添え / 980円

限定グッズの通販はある?

ハードロックカフェ京都店では、京都限定のピンバッジや限定Tシャツなどの定番商品のほか、京都の老舗が作った京扇子や手ぬぐいなど日本の伝統工芸品をアレンジしたグッズも扱われるとのこと。

通販はあるか確認しましたが、今のところ通販は対応していないようなので欲しい方は早めにお店に行った方が良さそうです。

ピンバッジ / 出典:烏丸経済新聞

京都限定Tシャツ / 出典:えん食べ

ハードロックカフェ京都店の場所やアクセス

ハードロックカフェ京都店は祇園エリアにオープンします。
観光スポットの巽橋の近くですね。


下記がお店の場所とアクセス方法になります。

住所:京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地
電話番号: 075-533-7771 (レストラン)/075-533-7789 (ショップ)
営業時間:11:00~23:00
休日:なし

各交通機関のアクセス
京阪本線「祇園四条」駅下車 徒歩約10分
阪急京都線「河原町」駅下車 徒歩約15分
京都市営バス「祇園」(12・31・46・80・急100・201・202・203・206・207・臨号系統)下車 徒歩約5分
京都バス「四条京阪前」(16・21・23・41・43・63・64・65系統ほか)下車 徒歩約3分
京阪バス「祇園」(83・84・85・86・87・88系統ほか)下車 徒歩約5分

みんなの反応は?

https://twitter.com/sa_k0mcz/status/1149272574615904256


エンタメの最新記事