映画「すみっコぐらし」が大傑作(名作)と評価される理由や感想は?原田知世の主題歌「冬のこもりうた」の発売日やPVについても



関連記事

11月8日に上映がはじまって以来、「逆詐欺映画」とも呼ばれるなど高い評価を得ている『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。今回は、上映している劇場と映画のグッズの通販について調査してみました。 映画すみっコぐらしを上映し[…]

11月8日に公開された『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が公開後から「大傑作」と評判です。

ナレーションをV6の井ノ原快彦さんと本上まなみさんが担当、主題歌を原田知世さんが担当するなどでも話題でした。

「日本キャラクター大賞2019」でもグランプリを受賞するなど、今最も話題のキャラクターである「すみっコぐらし」。

映画の感想などをまとめてみました。

映画「すみっコぐらし」が大傑作と評価される理由は?

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の評価ですが、Yahoo! 映画では現時点での点数が5点満点中4.78。

相当高い点数となっており、見た人の満足度が高いことが分かります。

出典:Yahoo! 映画

ネットの感想を見ても「泣かせ方がうまい」「すみっコぐらし知らなくてもめちゃくちゃ楽しめる」と、とにかく出来が良いことが評価が高い理由のようです。

特に高い評価の理由となっているストーリーですが、監督はまんきゅうさん、脚本は京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の角田貴志さんが担当されています。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の予告動画

映画の主題歌は原田知世の「冬のこもりうた」。発売日は?

「冬のこもりうた」は10月16日にリリースされたバラードアルバム「Candle Lights」の収録曲で、冬の夜の情景をつづった心温まるバラード。高橋久美子が作詞、伊藤ゴローが作編曲を手がけた。この曲が映画の主題歌に決定したことを受け、原田は「信じる仲間と助けあいながら、ささやかだけど日々をしっかり生きていく。そんな普遍的で大切なメッセージが、じんわりと伝わってくるストーリーです。ひよこ?に対するすみっコたちの優しさに、微笑みつつも胸を打たれました。私の楽曲『冬のこもりうた』が、とても素敵な作品の一部になれたことを嬉しく思います」とコメントしている。

出典:映画ナタリー

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の主題歌を担当するのは原田知世さん。

タイトルは「冬のこもりうた」で、10月にリリースされた原田知世さんのアルバム「Candle Lights」に収録されているということで、すでに発売されています。

iTunes StoreやGoogle Playなどでも配信されているためアルバムを買わなくても1曲だけ購入することもできます。

映画「すみっコぐらし」を見た人の感想は?