ナイナイ岡村の自宅ポストに取材依頼した記者はどこの雑誌?自宅マンションに直接投函しラジオで苦言



ナインティナインの岡村隆史さんが、4日深夜に放送された「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、自宅マンションのポストに直接取材を依頼する封筒が入っていたことを明かし話題になっています。

 岡村は先日、自宅マンションに手書きで書かれた封筒が入っていたと切り出し、中を見ると、芸人の闇営業について見解を聞かせて欲しいという取材依頼の手書きの手紙と、名刺が入っていたことを明かした。

 岡村は闇営業に関しては「先週ラジオでしゃべったことが全て」としたが、問題は、その記者とは「知り合いでも友達でもない、まったく知らない人」だったこと。その人が、自宅マンションの、しかも部屋番号まで知っていたことに「めちゃめちゃ怖い。これ、ルール違反じゃないですか?」と震え上がった。

出典:デイリースポーツ

封筒には「闇営業についての見解を取材させてほしい」という旨が書かれていたそうですが、取材の依頼を自宅のポストに送るというのは、岡村さんの言う通りかなり怖いですし、非常識に思えます。

岡村隆史の自宅ポストに取材依頼した記者はどこの雑誌?

ポストには取材を依頼する手書きの手紙と名刺が入っていたそうですが、岡村さんの自宅マンションのポストに直接手紙を投函したのはどの雑誌の記者なのでしょうか。

調べてみましたが、雑誌や記者の所属する会社の情報は今のところ出ていませんでした。


岡村さんはこの手紙を受け取ったあとすぐにマネージャーに連絡し、名刺に書かれてあった連絡先に会社から苦情を伝えたそうですが、なぜ部屋番号を知っていたかについては教えてもらえなかったそう。

岡村さんも言っていますが、マンションの前で直撃取材するならよくあり話に思えますが部屋を特定して直接ポストに、というのはどうかと思います。

ウソでもね、マンションから出た時に『すみません、〇〇の記者なんですけれども、ちょっとコメントをいただきたいんです』って言うんならわかります。でも直接ポストに入れるって、怖くないですか? それは調べたらわかるのかもしらへんけど、こんな気色悪いことないじゃないですか」と不快感をあらわにした。

出典:日刊スポーツ

「取材は会社を通して」とコメント

その後も「なんでその部屋わかったか、それはもうちゃんと明らかにしてほしい。なんならもう引っ越しもしたい」と話し、「取材の交渉は、やっぱり会社を通して欲しい」とした。

出典:日刊スポーツ

部屋番号まで特定されて、引っ越ししたいと語った岡村さん。

今後のためにも”ルール違反”をしたこの記者の所属する雑誌はしっかり対応したほうがいいのではないでしょうか。

みんなの反応は?