2700ツネ(常道裕史)がツネの賃貸を解雇!?今後は不動産業はどうなる?闇営業で謹慎処分の影響



大規模詐欺グループの忘年会に出演し、雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮ら人気芸人13名が謹慎処分となった騒動が大きな話題となっています。


「右ひじ、左ひじ、交互に見て…」のネタで知られる「2700」のツネ(常道裕史)さんも謹慎処分となっていますが、副業として働いていた不動産会社を解雇されていたことが明らかになりました。


今回はツネさんが副業として行っていた「ツネの賃貸」や今後の動向について調査してみました。


※追記
6月27日夜になって、吉本興業より「謹慎」から「無期限謹慎」へと処分を変更することが発表されました。

「2700」も無期限謹慎処分 スリムクラブと同じ暴力団関係者の会合に出席 吉本興業が正式発表(BIGLOBEニュース)

関連記事

あ本日午後、スポニチより「宮迫博之、田村亮ら芸人11人を謹慎処分」というニュースが報道されました。しかしその直後、記事は削除。吉本興業はハフポストの取材に対し「誤報です」と回答したため、一時はスポニチの報道は誤りだったかと思われましたが、[…]

2700のツネが”ツネの賃貸”を解雇!?

下記の文章は6月26日に「ツネの賃貸」のInstagramに投稿されたもの。

〜ツネの賃貸 解散について〜

先ず初めに、「ツネの賃貸」をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

今回各週刊誌や情報番組で取り上げられている通り、「ツネの賃貸」の企画運営を共に行ってきた常道裕史氏(通称:ツネ)が闇営業による反社会的勢力との関わり、そして金銭の授受が発覚した事から、検討の末、弊社インベストメントプロパティコンサルタンツ株式会社は解雇する処分を下しました。
常道氏への突然の解雇について賛否両論ありますが、弊社としても意に反する結末となってしまった事はご理解頂けますと幸いです。

尚、残された小川・石倉につきましては、通常通り賃貸部として運営しておりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

そして何より、「ツネの賃貸」をご愛顧頂きましたお客様、2700ツネを応援し「ツネの賃貸」までも応援してくださった方々、副業芸人等としてTVやWEBに取り上げてくださったメディアやマスコミの方々、この様な結果になり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今まで約1年間、「ツネの賃貸」を応援してくださり、誠に有難う御座いました。

インベストメントプロパティコンサルタンツ株式会社
代表取締役 小堀佳樹

https://www.instagram.com/p/BzKtJ10nHuj/ より引用

ツネさんを合わせて3名で運営していた「ツネの賃貸」。


反社会的勢力との関わりを問題視し、ツネさんを解雇する処分を下したと伝えています。

文面からも苦渋の決断であったことが感じられますが、今後は名前を「THE CHINTAI」と改め、ツネさん以外の2名で運営していくとしています。

今年5月にはWEBメディア「R25」のインタビューで、
不動産業が順調であること、加えて芸人としても仕事が増えていると語っていたツネさん。


週7日働いて、家族を支える。2700ツネは今、「不動産芸人」として輝きはじめていた
https://r25.jp/article/672419698906767802


その矢先に起きた今回の騒動。

自業自得ではありますが、本人はかなりショックでしょう。

今後は不動産業はどうなる?

上記の記事にあるように「不動産芸人」として確かな立ち位置を築きつつあったツネさん。

「ツネの賃貸」を退社した後はどうするのでしょうか。


現在のところ所属する吉本興業からは謹慎の期間などは明示されていないため、芸人としては動けない状況です。

反社会的勢力の排除を掲げている不動産業界でも働くのは難しいことを予想されるため、謹慎が解けるのを待つほかないかもしれませんね。

ツネのプロフィール

https://r25.jp/article/672419698906767802 より引用

【ツネ】

高校卒業後、NSCに入学し、2008年に八十島と「2700」として活動開始。
同年の「キングオブコント」で結成8カ月ながら決勝へ進出しています。
2011年には「キングオブコント」で準優勝を果たしたことで話題になりました。


本名:常道啓史
生年月日:1982年10月15日
血液型:B型
出身地:大阪府和泉市
出身:NSC大阪校 27期

ネットの反応は?

ネットでは「解雇までしなくても…」という声もいくつか見られました。

しかし、不動産業は反社会的勢力に関するイメージに厳しい部分があることに加えて、「ツネの賃貸」ではその名称の通りツネさんのキャラクターを前面に押し出して営業していたため、厳しい対応を取らざるを得なかったのではないでしょうか。

詳しいところは不明ですが、いずれにしてもツネさんの置かれた状況はかなり厳しいものとなっています。


6月27日現在、「ツネの賃貸」のウェブサイトはそのままの状態となっています。

http://the-chintai.com/ より引用